お知らせ
五重塔の揺れ「24時間モニタリング」報告会 参加申込み開始
投稿日:2022年4月15日 category:お知らせ

モニタリング報告会案内A4-4+▼

「揺れ」から、五重塔の未来を語る。

 

■日時:令和4年(2022)5月1日(日)

 ①善通寺編 09:30~11:30 善通寺市民会館ホール(善通寺市文京町3-3-1)定員150名

 ②本山寺編 14:00〜16:00 本山寺客殿(三豊市豊中町本山甲1445)定員80名

 

■報告者:(敬称略)

 ①②共通 楠 浩一[東京大学地震研究所教授/本山寺整備委員会委員]

      藤田香織[東京大学大学院教授/本山寺整備委員会委員]

      多田善昭[建築家/本山寺整備委員会委員長]

 ※②本山寺編にオンラインで参加予定

      西岡 聡[文化庁文化財資源活用課 震災対策部門 文化財調査官]

      岡田恒男[東京大学名誉教授/本山寺整備委員会 顧問]

 

■主催:東京大学、本山寺整備委員会

■後援:㈱aLab 荒木正之、香川大学創造工学部、三和電業㈱、四国工業写真㈱、伸和建設㈱、

     善通寺市教育委員会、総本山善通寺、多田善昭建築設計事務所、新居篤志+甘利弘樹、

     日本建築家協会四国支部、日本建築学会四国支部、三豊市、三豊市教育委員会、

     村上電機工業㈱、本山寺(50音順)

 

■参加方法:以下の参加申込みフォームから事前予約をお願いいたします 

    ⇨⇨⇨  参加申込みフォーム

 

 

新建築2019年10月号
投稿日:2019年10月15日 category:雑誌掲載

新建築2019年10月号 の「木造特集」に

本山寺五重塔解体・保存修理 が掲載されました。

撮影・取材は、工事中の2017年夏と、

竣工後の2019年夏の2度お越しいただきました。

DSC07820▽DSC03247▽

「平成29年照明普及賞」を受賞 つるぎ町役場本庁舎
投稿日:2018年6月15日 category:お知らせ

つるぎ 町役場本庁舎の耐震改修工事に際して刷新したあかり(照明計画)が

一般社団法人照明学会 「平成 29年照明普及賞」を受賞しました。

詳しくは宮地電機㈱ 僕らの仕事 からもご覧いただけます。

+_IMG_6931▽ +_IMG_6986▽

 

「平成29年四国照明賞」を受賞 多田善昭の新しい仕事場
投稿日:2018年5月18日 category:お知らせ

宮地電機㈱様に担当していただいた

多田善昭の新しい仕事場のあかり(照明計画)

一般社団法人照明学会四国支部 「平成 29年四国照明賞」を受賞しました。

(宮地電機㈱ 僕らの仕事 にも掲載いただきました)

+_DSC03480▽

新建築2017年11月号
投稿日:2017年11月15日 category:雑誌掲載

新建築2017年11月号多田善昭の新しい仕事場 が掲載されました。

8月の取材日は天候にも恵まれ、楽しい一日となりました。

DSC07720▽ DSC07736▽ DSC07731▽

ヤマダの木構造(建築知識の本03)
投稿日:2017年6月30日 category:雑誌掲載

今年新築移転した 多田善昭建の新しい仕事場 。

構造計画・設計でお世話になった山田憲明先生の著書

ヤマダの木構造(建築知識の本03)』に

“耐力壁のない開放的な建築家の仕事場を作る方法”として掲載していただきました。

DSC09760▽

宮地電機㈱「僕らの仕事」つるぎ町役場本庁舎
投稿日:2017年5月14日 category:お知らせ

宮地電機㈱様の照明導入事例のひとつとして、

つるぎ町役場本庁舎が掲載されました。

くわしくは宮地電機㈱ HP インタビュー 僕らの仕事 から。

※こちら対談記事は冊子(『僕らの仕事Vol.2』)にもなりました

DSC09763▽

 

 

 

 

旧鎌田醤油・萩原寺・本山寺 国登録有形文化財(建造物)に
投稿日:2014年12月26日 category:お知らせ

多田善昭建築設計事務所が登録のための調査・実測・申請業務を担当した

坂出市の旧鎌田醤油(4件)、観音寺市の萩原寺(7件)、三豊市の本山寺(7件)が、

国登録有形文化財に登録されました。

 

旧鎌田醤油:旧鎌田醤油本店 旧鎌田醤油大門 淡翁荘主屋 淡翁荘黒門

 

萩原寺:萩原寺本堂 萩原寺護摩堂 萩原寺客殿 萩原寺鐘楼 萩原寺手水舎 

    萩原寺大門及び番所 萩原寺南門及び土塀

 

本山寺:本山寺大師堂 本山寺十王堂 本山寺大日堂 本山寺宝蔵 本山寺鐘楼 

    本山寺大門 本山寺冠木門

「Architect of MAIZURU 2014」まちづくりシンポジウム 地域を再生する「ひと・もの・まち」
投稿日:2014年11月15日 category:講演・シンポジウム

2014.11.15 Schedule
■開 会 (18:30)
  開会挨拶
  講師紹介
■まちづくり対談
 「ひと・もの・まち」
  講 師 多田 善昭(建築家)
  聞き手 矢谷 明也(建築士会舞鶴支部常任幹事)
■閉 会 (20:30)

【多田善昭という人】
地方で活躍する建築家は数知れずいる。しかし、何かに取りつかれたように地域を憂い、時には正面を切り、時には裏側で髪を振り乱して、何かを仕掛ける建築家は数えるほどしかいない。それが多田善昭という人である。彼の傍若無人振りに共感する味方も多いが、反面敵もつくる。しかし、彼には異論が唱え難く、結果としては掌の上で転がされている。多田善昭の呪縛から逃れられない。厄介なのは、彼は有言実行、しかも期待以上の結果を残す。
何故こんな建築家がいるのか、その答えは意外と容易である。つまり、私たちが考えにも及ばない、地域に対する強い想いが溢れている。生まれ育った地を、誰よりも愛しているという自負心が、文化や慣習を今を生きる者の責務として、確実に次世代へ引き継ごうとしている。
そのためには、時間やエネルギーを惜しみなく使いきる。彼が大学を卒業した時代、志した建築の道にはさまざまな舞台が描かれたはずである。しかし、彼は迷わず生まれ育った善通寺に戻り、建築家として生きる道を選んだ。御旗を揚げるには厳しい環境だったはずであるが、彼は揺るぎなく善通寺、讃岐にこだわり続けて今がある。彼には今日の地域の活性化の課題という言葉はない。なぜなら、彼が求め続けてきた、「ひとをつくり、ものをつくる」ことこそが、地域をつくり、地域を継承する原点であることを知り尽くしているからである。誰かがやるのではなく、自分がやらなければという気概で今を生きているに他ならない。(文責 矢谷明也)

+DSC04789▽ +DSC04882▽

公共建築No.206
投稿日:2014年4月14日 category:お知らせ , 雑誌掲載

(社)公共建築協会が発行している機関誌

『公共建築No.206 特集 公共建築物の老朽化対策 後編』

に「つるぎ町立半田小学校 管理教室棟」が掲載されています。

スタッフ募集
投稿日:2014年4月9日 category:リクルート

 【求人・採用情報】
多田善昭建築設計事務所では熱意を持って働いていただけるスタッフを募集しています。

性別・年齢は問いません。

1) 設計スタッフ (新卒、経験者ともに募集) … 若干名

●応募方法
写真付履歴書、職務経歴書、簡単なポートフォリオをメールまたは郵送にてお送りください。
(多田善昭建築設計事務所 平宅宛)
書類選考の上、面談者にこちらからお知らせします。

ご質問の際にはメールにてご連絡下さい。
第23回BELCA賞受賞/つるぎ町立半田小学校管理教育棟
投稿日:2014年2月24日 category:お知らせ , トピックス

つるぎ町立半田小学校が第23回BELCA賞を受賞しました。

BELCA HPに受賞の選評が掲載されております。

詳しくはこちらから

 

日仏国際シンポジウム「陸軍とフランス―制度と技術の移転から見た明治の陸軍遺産の再評価」
投稿日:2014年2月24日 category:お知らせ , 講演・シンポジウム

日仏都市会議2011

 

多田がシンポジウムのパネラーとして登壇します。

日時:2014年03月02日(日曜) 14:00

会場:日仏会館ホール – 渋谷区恵比寿3丁目

 

参加費1.000円の他、資料代1,000円

 

定員: 120名

 

 主催 「陸軍とフランス」国際シンポジウム実行委員会、日仏工業技術会、

 

日本イコモス国内委員会、フランス大使館、日本経済新聞社

 

共催 東京理科大学、藤女子大学、パリ国立工芸院、(公財)日仏会館

 

後援 日本建築学会、日本建築家協会 協力 吉原写真館 協賛 松井建設株式会社

 

 幕末から明治にかけ、我が国の軍制は幕藩体制の下での家臣団から中央集権体制の下での徴兵による国軍へと大きく変わりました。その折に大きな役割を果たしたのがフランスからの軍事顧問団であり、フランスの軍制をモデルに連隊単位の鎮台制(後の師団制)が敷かれ、編制、造兵、築造などが整えられていきます。明治から大正期にわたって国内各地に兵営や要塞、さらには航空施設を建設するにあたって、その都度来日したフランス人顧問の役割は大きく、明治初期の兵営を手掛けたジュルダン工兵大尉、明治中期に来日して砲台建設に取り組んだムージャン砲兵少佐、第一次大戦後に航空顧問団を率いたフォール砲兵中佐など、国際的に知られる技術将校が来日し、多くの仕事を残しました。それを迎えた日本側でも、姫路城の保存で知られる中村重遠、築城本部員として施設計画の采配を振るった小国馨、騎兵の親ともいわれる秋山好古、工兵畑から参謀総長に上り詰める上原勇作、近衛師団庁舎の設計者として知られる田村鎮陸軍技師らの「フランス派」といわれるすぐれた将官や技術者が協働し、独自の建築や技術をつくりあげることになります。

 

今日、兵舎や司令部、砲台、航空基地などに用いられた多くの旧陸軍の建造物が国内各地に残されています。そのもっとも古い部類に属するのが新潟県新発田市の旧新発田城内に残る通称「白壁兵舎」(1873年建設)で、ジュルダンと中村重遠の手になる標準設計で建てられたものです。現在、防衛省によって2014年春のオープンをめざしてこの建築の復原修復工事が行われており、これを機会に幕末から明治・大正にかけての軍施設の研究が一気に進むことが期待されています。

 

本シンポジウムは、新発田の白壁兵舎の保存修復をひとつの契機として、日仏の関係者、専門家が集まり、陸軍遺産の再評価をめぐって企画されたものです。これまで光の当てられることのなかった初期陸軍の建築と空間計画、技術開発について思いを巡らし、日仏の交流を論じてみたいと思います。皆様のご支援をお願いする次第です。 

 

 

 

挨拶 岩岡竜夫(「陸軍とフランス」実行委員長、東京理科大学教授) 高橋裕(日仏工業技術会会長、東京大学名誉教授) ジャック・マルヴァル(フランス大使館科学技術参事官)

 

基調報告   三宅理一(藤女子大学副学長)

 

セッション1

 

<国際情勢から見たフランスとアジア> 中島智章(工学院大学准教授) 司会

 

立川京一(防衛省防衛研究所戦史研究センター戦史研究室長)

 

クリスチャン・ポラック(一橋大学客員教授)

 

セッション2

 

<フランスからの技術移転> 南明日香(相模女子大学教授) 司会

 

アンドレ・ギエルム(パリ国立工芸院教授) 前島美知子(パリ国立工芸院) 松浦利隆(群馬県企画部世界遺産推進課長)

 

セッション3

 

<日本国内の軍事施設> 伊藤洋子(芝浦工業大学教授) 司会

 

矢谷明也(舞鶴市都市計画課長) 多田善昭(建築家、善通寺市) 後藤治(工学院大学教授)

 

セッション4

 

<歴史都市の計画と陸軍遺産> 矢野和之(日本イコモス国内委員会事務局長) 司会

 

二階堂馨(新発田市長) 宮下裕(善通寺市前市長) ヨコミゾマコト(建築家、東京藝術大学准教授)

 

総括     林玲子(国立社会保障・人口問題研究所国際関係部長)

 

総合司会:  荒又美陽(恵泉女学園大学准教授)

 

詳細はこちらから

 

 

多田善昭の三十年を語る会
投稿日:2013年11月10日 category:お知らせ

201去る2月に2つの章を受章したこと

また多田が独立して30年の節目である今年、

「多田善昭の三十年を語る会」を企画しました。

【語る会】では岡田恒男氏、穂積信夫氏、馬場璋造氏との対談

【見る会】では受賞作品のひとつである静修館の見学

【集う会】ではこれまで多田を支えてくださった皆様と和やかな時間を過ごしました。

ご協力・ご参加いただいた皆様に厚く御礼申し上げます。

(写真:淺川敏)

t30蠖捺律繝上z繝ウ繝・蠖捺律繝上z繝ウ繝・soto ▽【語る会:02】_MG_3877 ▽【観る会】_MG_3889 ▽【集い会:トークライブ】_MG_3898

オープンデスク募集
投稿日:2013年7月25日 category:お知らせ , リクルート

オープンデスクを随時募集しています。

興味のある方は、問い合わせフォームより

「オープンデスク希望」と書いてを送ってください。

丹下健三 伝統と創造 瀬戸内から世界へ 展 シンポジウム
投稿日:2013年7月24日 category:講演・シンポジウム

香川県立ミュージアムにて7月20日~9月23日までの間、開催されている

『丹下健三 伝統と創造 瀬戸内から世界へ 展』に関するメインシンポジウムに

多田が出演者として登壇します。

日 時:8月17日|土|13:00〜17:00(開場12:00)
場 所:香川県庁ホール
定 員:400名
入場料:1,000円(全席指定)
内 容:[第1部]香川県庁舎を語る<仮>
    [第2部]香川というモダニズム 猪熊〜丹下〜イサム~勇<仮>
出演者:[第1部]
    鈴木博之(建築史家・明治村館長)、松隈洋(DOCOMOMOJapan代表)、松本哲夫(剣持デザイン研究所所長)、
    水本敏徳(香川県建築士会会長)、多田善昭(元建築学会四国支部長)、佐藤竜馬(丹下PJ事務局)
    [第2部]
    谷口吉生(建築家)、松本哲夫(剣持デザイン研究所所長)、加川浩(元環境開発センター所員)、
    和泉正敏(イサム・ノグチ日本財団理事長)、佐藤竜馬(丹下PJ事務局)

詳しくはこちら:公式HP

 

是非、チケットをお買い求めの上、ご来場お願いします。

チラシ:丹下健三生誕100周年シンポジウム@高松

宮處八幡宮が国登録有形文化財(建造物)に答申
投稿日:2013年7月24日 category:お知らせ

多田善昭建築設計事務所にて、調査・実測等を担当した

高松市前田西町の「宮處八幡宮」が7月19日の文化審議会より文部科学大臣に答申されました。

詳細はこちら

建築防災2013.6
投稿日:2013年6月22日 category:雑誌掲載

「つるぎ町立半田小学校 管理教室棟」の「耐震改修優秀建築賞」を受賞を伝える「伝達式」

が2013年3月に半田小学校にて執り行われました。

その様子をまとめた寄稿文が一般財団法人 日本建築防災協会の協会誌「建築防災」に

『つるぎ町立半田小学校 耐震改修優秀建築賞受賞を児童達に伝える「伝達式」の開催』

として掲載されています。

さぬきTV出演
投稿日:2013年5月14日 category:お知らせ , トピックス , 雑誌掲載

共同ビデオ制作さんがインターネット配信されている「さぬきTV」に、

多田が出演させて頂きました。

動画はこちらからご覧になれます。

建築防災 2013.3
投稿日:2013年4月1日 category:雑誌掲載

 

一般財団法人 日本建築防災協会より「耐震改修優秀建築賞」を受賞しました

「つるぎ町立半田小学校 管理教室棟」の耐震改修についての寄稿文が

同協会の機関誌「建築防災」に掲載されました。

『つるぎ町立 半田小学校 管理教室棟 「学び舎」としての耐震改修と機能再生』

として、計画の一端をご紹介しております。